QuickTools/EnergyBar

QuickTools/EnergyBar は、三次元CAD SolidWorks のアセンブリ設計用のアドインソフトツールです。

部品設計(モデリング)に比べアセンブリ設計は、難易度の高い作業です。アセンブリの全体構造を考え、機能別にサブアセンブリに分け、各オブジェクト間の参照関係や合致(拘束)を考慮しなければなりません

三次元設計では多くの効果が得られるのと同時に、設計者には二次元設計よりも多くの作業が求めらます。これまでと同じ時間で設計が行われれば、多くの効果が認められるだけプラスになりますが設計者には確実に負担が増えています。

その原因の一つとなっているのが、三次元設計手法についての理解が足りないということで、CADベンダーさんの教えてくれない(教えられない?)ところなのです。

アセンブリを一から作成し、合致を繰り返して部品を付け加えていく。マニュアルに載っている方法だけで設計を行った場合、後で変更を加えようとして部品を消去したらデザインツリーがエラーで真っ赤になってしまう、後々再利用した機構部分は使うに使えない。こうした現象は設計者のストレスになってしまいます

QuickTools/EnergyBar は、部品環境でマルチボディで設計しアセンブリに変換する、アセンブリ環境でオブジェクト・プロパティの編集や削除、移動、コピー、部品配置などが行える簡単ツールを集めてリボンメニューに表示されます。

残念ながらこのツールを使うだけでは、アセンブリ設計が上手にはなりません。これらのツールの意味を考え、本来のアセンブリ設計の基本を理解していただくことが最重要であると思います。

サポートなどのご質問は当サイトまたは株式会社ナノソフトまでお寄せください

○○○○○○○○イメージ
○○○○○○○○イメージ